交通事故が起きたら?

交通事故を起こしてしまった場合には、基本的にその場を動いてはいけません。
もちろん状況に応じて他の車が走行する際に邪魔にならないような場所に移動することが大切ですが、事故を起こしてしまった時には、まず保険会社そして警察に連絡を入れましょう。


被害者がいる場合には被害者の様子を確かめて、必要に応じて救急車の要請をすることも大切です。
事故が起きてしまた時に双方で話し合いを行いそこでお互いが納得してから警察には連絡しないというのは、最も後になってトラブルに発展するケースです。


中にはこのような方法で話し合いを終わらせてしまいその場をあとにしてしまう人がいるようですが、数日後、先方から電話があり、怪我をしていたり体が痛くなったので病院に行くための治療費を出してほしいなどと言われることがあります。
また、事故が起きてしまった場面では特に保証はしなくて良いと言っていたにもかかわらず、車に傷がついているので直して欲しいと言われたりすることもあります。


しかしここで初めて保険会社に連絡を入れても事故が起きた場面で連絡を入れていなければ保険会社は一切関与してくれません。
もちろん警察に相談したところで、なぜその場ですぐに連絡をして交通事故の実況見分を行わなかったのかということについても厳重注意を受けることになります。
どのような場合であっても、とにかく交通事故が起きたらすぐに警察と保険会社への連絡をしましょう。


中には自分が危険運転をしていたりすることで警察には連絡をしないように先方を言いくるめようとする人もいるようですが、こうしたことはドライバーとして責任を放棄していることになります。

Copyright © 2014 交通事故の対応 All Rights Reserved.